ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆球質とは◆

 なぜボールが曲がるのか。

 「クラブフェースでボールをこするからだ。」

 結論は分かりやすい。

 だが、ボールとクラブフェースの接触のしかたは、

 200を超えるパターンがあることをご存じだろうか。

 まず、クラブフェースがボールに入っていく軌道は3方向。

 つまり、インからアウト、ストレート、アウトからインである。

 それにその時のクラブフェースの角度が、オープン、スクェア

 そしてクローズという組み合わせで3×3=9。

 次にクラブフェースの入り方にも3種類ある。

 いわゆる、ダウンブロー、レベルブロー、アッパーブローである。

 更に、インパクトのクラブフェースの動きでロフトのまま水平に、

 ボールを包み込むようにロフトが減っていくパターンと

 ロフトが増えてあたる打ち方の3種類。

 そう考えると、9×3×3×3=243種類の球質が存在する。

 いわゆるスライスと一言でいっても、クラブフェースとボールの

 接触する方法には多様なものでありそれぞれに原因が異なるのである。

 もっともにくく、しかも飛ぶ球質とは・・・・・

 ストレートインでフェースがスクェア。アッパーブローで、ロフトが減って

 いく方向で、ヘッドスピードが加速していることが条件となる。

 これが、「飛んで」「曲がらない」という相反することを満たす条件が

 揃うことになる。なんて難しいのでしょうね。理論的に考えると・・・。

 それがゴルフです。

↓クリックお願いします


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。