ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドレスの長い人に・・・
アドレスの長い人にゴルフがうまい人はいない。

間違いなくアドレスの長い人にうまい人はいません。

アドレスが長くなれば、その姿勢を維持するために、筋肉、関節が

固まってくる。

長いアドレスはあらゆる面でミスにつながりやすい。

例えば、スライスで悩んでいるあなたのアドレスが長くなったら

アドレスの時間が長ければ長いほどスライスはひどくなる。

アドレスが長いと、腕の筋肉、関節が突っ張る。

伸びた腕は反射的に身体が縮めようとするので、

カット打ちのようなスイングになり、スライスが大きくなる。

アドレスの長さは、呼吸で合わせましょう。

アドレスでは余計なことは考えないこと。

考えれば考えるほど、身体は動かなくなる。

何も考えず、スッとテークバックを開始し、何気なく打った時に

良いショットになる。

普段の練習から早く打つようにしよう。雑に打つのでななく。

アドレスの時間を短くするように気をつけよう。

呼吸も大事です。呼吸を合わせてテークバックを開始すれば

間違いなく良いショットが出やすくなります。


↓クリックお願いします


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。