FC2ブログ
ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリップ・・・小指が重要
ゴルフにおいてボールを遠くに飛ばすには

遠心力が必要であるが、その遠心力を大きくするには、

実はグリップがポイントになるのです。

クラブヘッドから一番遠い左手の小指がしっかりとしている

ことが肝要であるのです。

左手の小指のちからが緩んでいたり、ヘッドに近い右手の

親指や人指し指が支点になってヘッドが返ってしまうと

スイングの弧はは大きくならない。

スイングの弧が小さいということは、遠心力は小さくなる。

さて、小指は一番ちからの弱い指であるが、左指の小指だけで

ヘッドを返せるように工夫したり、練習してみてほしい。

できないようであれば、せめて、左手の中指、薬指、小指の

3本でヘッドを返そう。

クラブヘッドを左グリップで返せるようだと、遠心力は大きくなり

飛距離は間違いなく伸びるはずです。

試してみる価値はあります。

↓クリックお願いします


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。