ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイングのかたちを気にすることは必要なことですが、

正しいスイングでも、力んでしまったら結果は悪いもの

になってしまいます。

そこで、余計なちからが抜けるまで、素振りをするのがおすすめ。

素振りを繰り返しましょう。

さて、クラブヘッドの走らせ方は・・・

左耳でスイングの音を聞くようにします。

リラックスしてスイングすると、音が左耳の方で

するようになります。

素振りがいいのに、ボールがあるとうまく振れないのは

欲があるからです。素振りの時にはそれはありません。

欲があるとちからが入り、力んでしまうのです。

フォローで「ヒューン」と音がしたら、

頭が残ってヘッドが走っている証拠です。

その音は左耳で聞こえていますか?????

↓クリックお願いします






コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。