FC2ブログ
ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川遼選手のドライバーショット



ドライバーショットでトップの位置が定まらないと

ショットは安定しません。

それはスイングの安定感を欠き、ショットはばらつきます。

それだは、上手投げでボール投げるかたちをつくって下さい。

全力投球で投げるようはかたちをです。

右手が一番上にきたところで、左手を添えてグリップのかたちに

してみてく下さい。

これがあなたにとっての一番理想的なトップのかたちにあるでしょう。

●ボールを投げるときの最高点が、正しいトップポジション●

さて、このかたちだと、上体には無駄なちからが入っていませんよね。

だから理想的なんです。その感覚を覚えてください。

ひじも必要以上に高く上がっていないはずです。

このかたちには無理がなく、いつも同じようにセットできるはずです。

そうすれば、スイングは安定し、当然球筋は安定します。

上体をリラックスさせれば、肩は深く回りナチュナルなトップになります。

逆に飛ばそうとして力むと身体から腕が離れ、右わきは空き、

腰が流れてしまいませんか?

これではスイングは安定しません。

トップの位置が安定すると球筋も安定します。

↓クリックお願いします


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。