FC2ブログ
ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュートホールを見れば、そのコースの攻め方がわかると

言われている。そのコースの設計者の意図がはっきりと

表われると言われているからである。

シュートホールは距離が表示されている「アプローチショット」

であると考えるべきである。

まずは答えがわかっている試験のようなもの。

それでもミスがでるのは・・・・・

表示された距離を見て、短絡的にクラブを決めないこと。

それが設計者のわなにはまる元である。

シュートホールの攻め方は、1オン2パットである。

しかし、それだから色々な仕掛けがあると考えていい。

その仕掛けとは、グリーン大きさやグリーン周りのバンカー、

池、谷超え、打ち上げ、砲台グリーンなどなどである。

さて、ホールごとに攻略方法は変わるので、

短いショートホールは、距離が合うように練習しておく

ことしかない。距離が短い場合は左右前後ともミスると

大きなペナルティになりやすいからである。

ただし、距離のあるシュートホールの場合は、左右は危険でも

前後特に、花道には何もない場合が多い。手前から攻めて

いくことも考えていいだろう。2オン1パットの攻略方法も

考えられるということである。

150ヤードまでの距離のアイアンショットの距離の精度を

あげるべく繰り返し練習しておくことがコース攻略のカギである。

↓クリックお願いします


おまけ映像



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。