FC2ブログ
ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフのスコアメイクを考えるならば、

飛距離と方向性の両立が必要ではないかと思います。

安定感のある精度の高いドライバーショットは、

リスクを回避するだけではなく、ゴルフのスコアに

大きく影響します。だからまっすぐに飛ばしたい!
まずは構え方・・・アドレス

肩の力を抜いて重心をできるだけ下げる。

バランスのいいアドレスはよいスイングには不可欠です。

プロにしても、シングルプレーヤーのアマチュアでも

上手なゴルファーはアドレスがきれいです。

それは、バランスがいいということ。

自然に構えていて、いらない力みの感じない構えこそ

理想的ではなかろうか。

飛ばそうとすると、どうしてもカラダに力が入りやすく

なります。とくに上体はカチコチになりやすいですね。

そうすると、左ヒジが突っ張ったアドレスになりがちです。

この構えではリキめばリキむほど、カタダが硬くなるだけでなく

重心が高くなるのです。重心が高いと下半身が不安定になり

バランスが悪くなります。

飛ばしたいと思う時は、肩の力を抜いて重心を下げることが

大切になってきます。

肩の力が抜けると、自然に腕や手の力が自然に抜けるため

左ヒジもやわらく活かせるようになります。

このバランスのいいアドレスこそいいドライバーショットの

絶対条件です。重心を落として下半身を安定させた

アドレスを手に入れましょう。

あなたのゴルフ人生が7日間で変わる


HONMA 新ベレス 6シリーズ (9月5日発売)
 ヘッドスピード34-38m/s 飛んでまがらない機能美で極める

HONMA 新ベレス 9シリーズ (9月5日発売)
 叩ける安心、攻めれる精度 高度な次元でピタッと攻めろ

↓クリックお願いします

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。