FC2ブログ
ゴルフの殿堂~セオリーは自分でつくれ~
ゴルフを愛して20年!ゴルフを語り、人生を語り、クラブはホンマに限ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイングの基本は回転運動にある
ゴルフのスイングは身体とクラブが一体となっている

回転運動であると考えていいと思います。

つまり回転運動の力学ということで考えられます。

慣性モーメント言う言葉を聞いたことがあると思いますが、

この慣性モーメントを正しく理解することで、

ゴルフのスイングを知ることができると思います。
慣性モーメントとは簡単にいうと、ものを回転させる時の

動かしにくさ、つまり回転のする時の重さということになる。

重さという観点から言うと、スイングの回転運動を考えたとき

慣性モーメントが小さいほど回転速度は速くなると考えられます。

そう考えると、同じ人でも、スイングを変えることで回転速度は

速くなり、ボールにその力が加わればより飛ぶようになります。

アイススケートのスピンを考えてみればよりわかりやすいでしょう。

両手を開けば回転が遅く、身体を一直線に伸ばせば回転は

速くなります。

さて、ゴルフのスイングで慣性モーメントの小さいスイングで

回転速度が速くなれば、ヘッドスピードは当然速くなります。

だから飛ぶようになるのです。簡単ですね。言葉にするのは・・・

慣性モーメントの小さいスイングこそ、良質なスイングと言えます。

なぜなら、効率の良いスイングだからです。

あなたがもし平均よりも飛ばないことで悩んでいるなら、

スイングをもう一度チェックしてみましょう。

あなたのゴルフ人生が7日間で変わる


HONMA 新ベレス 6シリーズ (9月5日発売)
 ヘッドスピード34-38m/s 飛んでまがらない機能美で極める

HONMA 新ベレス 9シリーズ (9月5日発売)
 叩ける安心、攻めれる精度 高度な次元でピタッと攻めろ

↓クリックお願いします

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。